賃貸物件では、何でも勝手に工事出来るわけではありません。工事をするにあたって注意事項があります。
ざっくり言うと、「工事の量が課題である。」と言う事です。

部分補修と部屋全体

工事するにあたって「部分的な補修はセーフ」「部屋全体のダメージはアウト」とお考え下さい。(ただし、この段階で諦めないで最後まで読んで下さい。)
壁の角がえぐれていようが、どんなにボロボロになっていても、部分的な場合は工事できます。(契約内容による。工事が出来ない場合もあります。)

しかし、部屋全体レベルの「壁紙の貼り替え」などの工事は、無許可では工事できません。
管理会社(不動産屋)の許可が必要です。工事の量が多すぎるからです。

最近は、許可して貰えることも少なくない

最近は、許可して貰える事例が増えています。
ここ数年、職人が激減しています。だから、(壁紙)業者の手配が出来ない不動産屋もちらほら出ているようです。
不動産屋からすると、手配も面倒だし「どうぞやって下さい。」と思っているのかな?
契約期間内に綺麗にして貰えるメリットもあるし。(「すぐに貸せる部屋になる。」と言うこと。)
※こちらの記事をお読み下さい。
賃貸物件でも、工事の許可出るケース
工事の許可が出るケースが増えています。

あなたの力になってあげたい

おじさんは、あなたの力になってあげたいと考えています。
しかし、あなたが期待するような、良い返事が出来ないこともあります。
でも、ダメ元でご相談下さい。
出来ることはやります。

強くならなきゃダメです。
(積極的に、粘り強く、と言う事だよ。)