以前は賃貸物件での工事は許可が下りませんでした。しかし近年、工事の許可が出るケースが増えてきています。
理由は恐らく「職人不足で業者の手配が上手くいかない。」「管理会社が工事の手配を面倒臭いと思っている。」と言ったことが考えられます。

許可を取る方法

工事の許可を取る方法は、管理会社(不動産屋)に電話して工事の許可を取って下さい。賃貸物件では、勝手に工事することが出来ないからです。

許可取りは大変かも

あるお客さんは、管理会社の担当者と話をするのに数ヶ月かかったと聞きました。何度も電話しているが、担当者からの折り返しがない。
お客さんは「もうダメだ。」とこぼしていました。
「こういうときこそ、粘り強く」と励まし、もう一度電話することを勧めました。
その結果、「ご自身で費用を払えば構いませんよ。」と簡単に許可が取れたそうです。
※このときのやりとりを以下のページでも紹介しています。
業者に問い合わせをする際の助言

その管理会社は、結構メジャーな会社です。
時代ですかね。
でも、そのおかげで工事が出来る(許可が出る)と私は考えます。

「当たり」「外れ」があります。

ざっくり言うと「当たり」「外れ」があります。電話を取った相手次第」と言う事です。
相手が真面目で親切な人なら、きちんと対応してくれます。
今日の運を試すような気持ちで、根気よく、繰り返し、何度か、電話することを勧めます。
今は令和です。昭和ではありません。

堂々と工事できる!

きちんと許可を取れば、こそこそすることなく、堂々と工事が出来ます。
他の入居者の目もあります。
きちんと許可を取ってから工事をやりましょう。
そうすれば、あなたも私も安心です。
それが一番。

ポリバレンテインテリアの業務内容やメリットはHOMEをご覧ください。