ポリバレンテインテリアに工事を依頼するメリットは、ポリバレンテインテリアがどういう職人かを知ってもらうことが一番早いと思います。その要約は以下の通りです。

  • ポリバレンテインテリアはクロス職人である。
  • 壁紙補修のプロでもある。
  • 壁紙工事以外の作業にも対応する多能工職人である。
  • 自分でサイトを作り、集客をしている、自律(自立)した職人である。
  • 「電気・水道・畳・掃除」の工事に協力してくれる業者がいる。
ポリバレンテインテリアに工事を依頼するメリット

ポリバレンテインテリアはクロス職人である。

ポリバレンテインテリアは職歴30年以上のクロス職人です。クロス職人とは壁紙を貼る職人のことです。
壁紙工事は「誰でもできる。」というイメージがありますが、意外と奥が深く、繊細な仕事です。また、現場の仕上げ作業なので、正確で高い完成度が求められる業種であります。
ですから、親方や兄弟子から「厳しい昭和の指導」を受けながら職人になった次第です。

壁紙補修のプロでもある。

ポリバレンテインテリアは「壁紙補修のプロ」という一面があります。多くのクロス職人は「本工事」をメインに作業しています。「ダメ直し」や「アフター工事」はほとんどしません。「本工事」とは、現場で壁紙を貼るだけの作業のことです。
しかし、ポリバレンテインテリアは本工事には行かず、「ダメ直し」や「アフター工事」を専門とした「壁紙補修のプロ」として活動していた時期が長くありました。数多くの「ダメ直し」や「アフター工事」を経験したことで、「どういう仕事をすると失敗するのか。」を知った、ワンランク高いクロス職人になれたと感じます。

お客さんに引き渡す前に行うのが「ダメ直し」

新築工事の際に、お客さんに引き渡す前に行うのが「ダメ直し」という作業です。「ダメ直し」とは、工事中に付いた傷や仕上がり不良などを修正する作業です。この作業は、「壁紙を貼るだけ」の職人意識では対応できません。また別の「壁紙補修職人」と言う意識を新たに持って対応しなければなりません。私が知る限り、普通のクロス職人では、なかなかできません。

「アフター工事」とは、簡単に言うとクレーム処理

そして同時に、アフター工事も数多くこなしていました。「アフター工事」とは、簡単に言うとクレーム処理です。アフター工事はお客さんに引き渡した後の工事でなので、お客さんの目が光る中で、接客や立ち振る舞いに気を遣う部分が多く難易度の高い工事したが、誠実に作業することで、問題なく現場をこなしていました。
現場監督からは「おまえを入れると現場が丸く収まる。」と言われることが多かったです。

壁紙工事以外の作業にも対応する多能工職人である。

ポリバレンテインテリアは壁紙以外の作業にも対応する多能工職人です。
サイトを作って活動して行くにつれ、壁紙工事以外の作業をする機会が増えました。こと、賃貸物件の原状回復工事に関わることで、数多くの壁紙以外各所の「補修・修繕」に対応してきました。

ちなみに、全く畑違いで、知らない分野の作業であっても、「補修・修繕」の精度と適格性が高い理由は読書のおかげです。どのような読書をしているのかは、以下のサイトをご覧ください。
私の本棚

自分でサイトを作り、集客をしている、自律(自立)した職人である。

ポリバレンテインテリアは自分でサイトを作り、管理・運営して、集客をしています。自身で集客することで、職人として自律(自立)して生きています。下請け根性は一切ありません。お客さんの意向を良くくみ取った仕事に努め、愛される職人に成れるように、日々努力を重ねています。

「電気・水道・畳・掃除」の工事に協力してくれる業者がいる。

ポリバレンテインテリアには、「電気・水道・畳・掃除」に関わる工事に協力してくれる業者さんがいます。
各業者さんとお客さんには「直接取引」の形を取ってもらいます。ポリバレンテインテリアでは専門性の高い分野における知識に乏しく責任が取れないからです。
その分、直接取引にすることでお客さんにとっては工事費用を低く抑えることができます。また、各業者さん自身が元請けと言う立場になるので良い仕事につながります。

まとめ

ポリバレンテインテリアは、しっかりとした壁紙工事を中心に、一人で様々な作業に対応しています。
そして、「電気・水道・畳・掃除」に関わる工事がある場合には、各業者さんとお客さんが直接取引をすることができる体勢を取っております。
以上のことから、お客さんにとっては、各業者が内容のあるしっかりとした仕事をし、かつ、全体の工事費用を低く抑えることができるというメリットがあります。